T.38, みなし音声IPファクスソリューション

概要

近年では、オフィス環境のIP化が進められてきている中で、多くの企業が 従来の電話回線からIP電話への置き換えを進めています。一方、通話手段としての電話ではなく、書類授受の手段においては、いまだファックス通信を利用されている企業も多く存在しており、それらの企業では、IP電話の導入を控えるか、IP電話と従来の電話回線の併用をせざるを得ないのも現状です。
ソフトフロントジャパンが提供するIPファクス ソリューションは、従来の電話回線に依存していたファックス通信をIP電話へ統合することを可能とし、設備コストおよび通信コストの削減と、ペーパーレス オフィスの推進を可能とします。

特徴

幅広いファクス機器に対応

IPファクス ソリューションでは、企業向けの複合機での採用が進んでいるIP-FAX(T.38)だけでなく、従来のアナログFAX(G3 FAX)にも対応し、通信相手の機器を気にせずにファクス通信が可能となります。

ペーパーレス オフィスの推進

従来のように、ファクスで送信するためだけにPCから書類を印刷する必要が無くなり、PCから直接 ファクス送信することで無駄な印刷物を削減することが可能です。
また、受信したファクスを印刷物としてではなく、直接PCのデータとして保存することも可能です。

機能

機能仕様

FAX 通信 アナログ FAX G3モノクロ*1, Super G3
(通信速度:300bps~14,400bps)
IP-FAX T.38
対応プラットフォーム OS  Linux, Android

*1:G3カラーFAX対応については、別途お問合せください